薗田憲一とデキシーキングス

2016.08.28 Sunday
DSC_0643.jpg
薗田憲一さんの息子さんといえば、いまデキシーキングスのリーダー、薗田勉慶さん。

今日は途中、二人で対談もいたしました。
わたしが談志師匠の思い出を。
勉慶さんには小噺を。
落語とデキシージャズは本当に「音」が合う。

互いに互いを無理しないで消し合うことなくデキシージャズも落語も同じ舞台でパワーバランスが同じなのが嬉しい。

デキシーキングスの好きなところが、わたしが最も嫌うアレンジが、デキシーキングスだと抜群にアレンジがたまらないこと。

むしろデキシーキングスに限っては、どんどんアレンジしていただきたい。

やはり根底に流れているものが同じだと、行きつく世界が一緒だから、むしろ発展的になるんだから、薗田憲一とデキシーキングスが嫌いなわけがない。

わたしはね、まさに「これで満足」!だあ〜。


置土産

2016.08.27 Saturday
2016082619140000.jpg
実家に、オーストラリアの方が何日か泊まっていた!笑笑

林家たけ平っていふ落語家か家にはいる。
って写真出したら絵を書いてくれたらしい。

ってここまで、家の年寄りがどうやってそのオーストラリアの方と会話をもっていったのか、が、わたしには最大の疑問であるが、笑、そうじいさんばあさんが言っていた。

うちは全員、外国語は喋れません!笑

なんでこうなったのか…謎謎謎すぎてイマイチ寝られない。

が、まあ、とにかく外国の方、ましてや、会ったことのない落語家の林家たけ平って奴は、この絵のように写ったのか…複雑な気持ちであるが、とにかく書いてくださりありがとうございます。

で、この絵を書いて帰国なさったそうです。

あ、絵の後ろは本当の人間で、うちのばあさんです。お間違いないように。

ばあさん曰く、「あの外国の人が、『毎日の寄席は、骨が折れるでしょう』って言っていたような気がする」

絶対、言ってないと思いますけど…
寄席とか骨が折れる、絶対、言ってないと思いますけど…笑


古賀政男音楽博物館

2016.08.26 Friday
2016082416070000.jpg
さて、わたしが先日、古賀政男音楽博物館に行きたかった理由の一つが、常設展だけでなく、企画展も。11月まで、企画展は、うぐいす芸者歌手特集であります!
皆様も勝太郎、市丸、小梅、美ち奴、音丸、はん子等々、お馴染みの芸者歌手のスターの歌声にお触れくださいませ!


古賀政男音楽博物館

2016.08.25 Thursday
2016082415300000.jpg
今日は、代々木上原の地域寄席でした。
池袋の出番を終え、楽屋に入る前にどうしても行きたかったのが古賀政男音楽博物館。
毎回、コロムビアのマンスリー歌謡ライブをやっていたけやきホールに併設している博物館です。

やはり仕事で毎度伺うとじっくり見られないので、今日はお客さんとしてたっぷりと行ってきました。

館内に入れば「影を慕いて」や「あゝそれなのに」といった珠玉の古賀メロディの数々が迎えてくれて、わたしの癒しの場所でこざいます。


肉豆腐

2016.08.24 Wednesday
2016082014180000.jpg
うまいよね、間違いないよ、肉豆腐。

酒にもおまんまにも良し!
肉豆腐の荒い感じがたまらなく興奮するのであります。


北千住〜浅草間。東武の各駅

2016.08.23 Tuesday
2016082217060000.jpg
池袋演芸場のあと、そらまちにそのまま行きたいところであるが雨風激しく、池袋の楽屋に着物を預けました。
てなわけでまさか洋服でそらまちに上がるわけにいかず、一度家に戻り、着物またこさえてそらまちへ。

流石に交通網がめちゃくちゃでした。
ちなみに池袋から自宅北千住も山手線の不都合により、大塚で止まりましたので、下車して、都電で町屋、そこから千代田線で北千住。

さあ、自宅で着物をこさえ、そらまちギリギリに行くのは怖いんで早めに出ました。
良かったです。

北千住から東武、そして半蔵門線の直通の夢のような電車(わたしが言う足立ドリームライン)も見合せ。いやはや、ドリームラインが本当にすぐそらまちに行けちゃう、別名、寄席芸人そらまちラインとも言うべきものが寸断。

こりゃまいりました。
で、東武の各駅が北千住から浅草までかろうじて動いていたから、業平橋、いや、失礼、東京スカイツリー前駅(本当に駅名を早急に業平橋に戻してほしい)まで行き、そらまち亭まで歩こうといふ目論見に決定いたしました。

のんびり各駅の東武線、本当にたまらなく萌えるのです。

牛田→もうね、写真の感じが、まさに牛田を思う、「うしだ」だよ…。
これ以上説明が難しい笑
堀切→駅舎が都内とは思えない、たまらなくガキのじぶんから変わらない、足立遺産です。堀切駅舎は金八先生でのべつ登場。てなわけで、堀切駅舎の隣は見事な土手。

鐘ヶ淵→もうここはね、この駅名を絶対に変えてほしくない!まさに東武鉄道らしい駅名だ。「淵」がいい。「ヶ」がいい。そして「鐘」もいい。東武でーす、って感じがいい!!!

東向島→なんでこういう名前に変えちゃったかね…残念の極みですよ!全くわからない。ガキのじぶんはやっぱりこの駅は「玉ノ井」でした。
玉ノ井だからいいんですよ。すべてがわかるじゃないですか。で、いま、「東向島(玉ノ井)」だってさ。なんだい、そりゃ、往生際悪すぎですよ。(カッコ)にするならハナから玉ノ井でいいじゃないですかー。
ただ良い名前だけじゃない、玉ノ井だから歴史あるんですけど…。

曳舟→それに比べて曳舟ってえのはいいなあ。やはり。これですよ、これ。
浮かんだ船を水路から牽引。まさに曳舟川が目に浮かぶ。

東京スカイツリー前→もうね…この駅名、わたしの「怒」が…いかん、いかん、怒っちゃいけない。そりゃ東京スカイツリー前、全国からお楽しみに来ていただいている方には非常に分かりやすいし、親切だし、名所だし、なにも悪くない。良いことです。
ただね…近年までの名前が良すぎたんですよ!業平橋だもんねー。やっぱりガキのじぶんから業平橋駅だとやはり業平橋の良さがもう残念で残念でならないですよ…これも玉ノ井と同じ、歴史を含むゆえに残念だし、また響きが粋でしょ、だいたいが。

って、ウダウダ記述していますとね、そうだ、これからはますます、「うしだ」に頑張ってもらおうではありませんか!東武ファンの皆々様方!笑

東武年表みたら、牛田駅、昭和七年開業して、普通はね、間に、何何設置とか細かくあるのに、牛田駅は、昭和七年開業、次が平成18年エレベーター設置だって…笑
飛びすぎでしょ、なんかあったでしょ。
これが東武ファンの真髄、惚れるゆえんであります笑


喫茶店の街角に寄席あり

2016.08.22 Monday
2016082213070000.jpg
寄席芸人は必ずといっていいほど、寄席出番の前後の喫茶店使用率の高さは抜群であります。

また皆さん各寄席に行き付けの喫茶店があります。

今後のスケジュールの調整をしたり、出番の近い芸人同士で繋いでみたり、稽古したり。

寄席近辺に喫茶店がないとかなり困ります笑


伊勢原復帰祝

2016.08.21 Sunday
1471677861552.jpg
今日は昼間、伊勢原でいつもお世話になっています、オリーブの樹へ。
そう、マスターがちょいと具合が悪かった。
お店も休んでました。

が晴れてこの度、復帰。
もうね、復帰も復帰、大復帰!
元気すぎて困っちゃう笑。
でもまたオリーブの樹に笑いと明るさが戻ってきました!

良かった、良かった、復帰祝に伊勢原まで伺った会がありました!


手拭い・林家たけ平〜今回の思い〜

2016.08.20 Saturday
2016082003420000.jpg
わたしの今年〜来年の手拭いが出来上がりました。

この手拭いを見て、「なんか味気ないんじゃない?」って思われる方も多いと思います。

わかります。
何故ならいま落語家の手拭いは本当に現代的に洒落たカラフルなものが多いからです。
わたしも自分の過去の手拭いカラフルなものもありました。

が、今回は、原点に戻ろうと思いました。
真打にもなりましたから、またスタートの気持ちを忘れないためにも。

つまりどういうことか。
実はその昔は、落語家の手拭いには基本的にルールがありました。
それは手拭いの四分の三以上は白でなければいけない。
例えば、彦六師匠あたりですと、まさにほとんど白っぽい手拭いに名前が入っているだけとか。
昔ながらの落語家は本当に手拭いの柄をみると、ほとんど白っぽいんです。
で、今回は来年までの短いスパン、わたしも四分の三以上白っぽい手拭いにしました。
先人をリスペクトとし、尊敬する心と、今一度、普通の落語の復活。

その思いが今回の手拭いのコンセプトですから、真打昇進直後用の短期間限定、わたしの信念、真打昇進後の所信表明のような手拭いです。

だから全く味気ないかもしれません。
しかし、落語の原点を手拭いで表したらまさにこのくらいになるでしょうね。

このくらいシンプルなのが「噺」だと思います。
「林家たけ平」の表記の字は、我が祖母の字です。

手拭いの熨斗の「寿」は相変わらず我が祖父の字です。

これはこれからも変わらない、わたしの原点です。

横一線にピンクで並んでいるのは「林」といふ字です。この「林」が8つ並んでます。
つまり…
はい、「ハヤシヤ」になります。

まさにシンプル中のシンプル。それだけでいい。

ただ、落語家の手拭いってお分けしたり、販売はしません。

が、多分、来月から唯一販売している神保町らくごカフェでは購入できるかもしれません。

今回のはあくまで所信表明手拭いですから短期間。
また次のサイクルはちょいと色が多く使われている見た目、綺麗なものになると思います。


都会の涼

2016.08.18 Thursday
2016081713570000.jpg
板橋のとある公園、どうだい、このオアシス!!

たまらなく涼しくなる。
Check


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」